離島で食べられるグルメ

石垣島の石垣牛は最高

沖縄県には、石垣島や宮古島など様々な離島があることで知られています。離島エリアには、本島ではお目にかかれないような郷土料理が充実しています。その代表的なものが、石垣島で堪能することができる石垣牛です。もともと九州・沖縄サミットの際に夕食のメインディッシュとして提供されたことがきっかけで、その美味しさが広まったと言われています。ミネラルが豊富に含まれている牧草を食べて育っていることから、石垣牛は赤身がしっかりとしていて味わい深いのが特徴的です。さらに、脂がしつこくなくあっさりしているので、パクパクと食べることができますよ。石垣島には、石垣牛を味わえる焼き肉店が数多くあるので、現地に旅行に行ったら味わってみると良いでしょう。

宮古島の海ぶどうは絶品

沖縄の離島の宮古島のグルメといえば、海ぶどうが挙げられます。この海ぶどうとは、温かい海にのみ生息している海藻のことです。小さな球状の葉がぶどうの房のように連なっている見た目から、「海ぶどう」と呼ばれています。宮古島では、酢飯の上に海苔、マグロのづけ、海ぶどうがたっぷりと載った海ぶどう丼が人気を博しています。海ぶどうには塩気が残っているので、酢飯と一緒に食べると食欲が進む味わいです。本土では食べることができない味なので、宮古島に行った際は絶対に食べた方が良いです。また、宮古島の空港やショップには、お土産用の海ぶどうが販売されています。特に養殖場がある海ぶどう直売店で買うと、リーズナブルな価格で新鮮な海ぶどうを購入することができますよ。