沖縄の歴史を感じられるスポット

城を巡って歴史を感じる

沖縄観光と言えば、美しい景色やグルメを楽しむ方が多いでしょう。しかし、歴史を感じられるスポットを巡るのも良いものです。1322年頃からの約100年間の沖縄は、北山・中山・南山が勢力争いをしていた三山時代と呼ばれる時代でした。当時の北山国王の居城が今も城跡として残っています。美しい海と木々の緑色とがマッチして、写真スポットとしても最適です。三山時代の後、約450年もの間続いた琉球王朝時代の城も現存します。かつての繁栄を物語るような鮮やかな朱色の城は、晴れた青空に良く映えます。広大な敷地からも琉球王国の力を感じることができ、いくつもの城門を巡るのも楽しいものです。世界遺産にも登録されているので、外せない観光スポットの一つと言えます。

戦争の傷跡を感じ平和を願う

第二次世界大戦の前線基地となった沖縄は、映画などを中心にその悲惨さが伝えられています。当時、看護要員として派遣され犠牲となった女生徒のための慰霊碑が残っています。また、犠牲者の遺品などの展示物も見ることができます。この場所では時が止まったような感じを受け、戦争の傷跡が鮮明に残っています。平和への願いが込められた公園もあります。広大な土地に整備された芝生が広がり、忌まわしい過去の出来事が想像すらできない和やかな場所です。しかし、戦死した方の名前が刻まれた礎が並んでいる場所を訪れると、沖縄戦の悲惨さを痛感することでしょう。このようなスポットを巡ることにより、平和である現在を改めて幸せと感じることができます。