離島での歴史的観光スポット

離島にも築かれた琉球王国時代の美しいグスク!

沖縄の観光スポットといえば何が思いつくでしょうか?首里城やひめゆりの塔など、沖縄本島にある歴史的な観光地が思いつく人が多いと思います。ですが、せっかく沖縄に来たなら離島にも行きたいですよね。実は、離島にも多くの歴史的な観光地がたくさんあるのです。

久米島で随一の観光スポットは具志川城跡。このグスクは14世紀前半頃に真達勃(まだふつ)按司によって築かれたといわれています。城内は四つの郭(広場)に分かれているのですが、この郭同士を仕切る石垣がこのグスクの魅力です。荒々しく積まれた石垣は高さがあって迫力があり、しかも滑らかな美しい曲線を描く様子はまさに芸術品です!このような石垣は本土では見られない、沖縄特有のものですので必見の価値があります。

沖縄の知られざる歴史を伝える唐人墓

沖縄の歴史といったら、琉球王国や首里城、太平洋戦争の舞台になったことなどは皆さんご存じかと思います。しかし、あまり知られていない悲しい物語が他にもあったのです。それを伝えるのが石垣島にある唐人墓。緑色と赤色を基調とした派手な飾りを施した建築物です。名前や見た目の通り、唐人墓は中国人のお墓なのです。ではなぜ中国人のお墓が石垣島にあるのでしょうか。

19世紀半ば、アメリカは中国人を奴隷としてアメリカ大陸へ輸送しようとしました。船中でそれに気づいた中国人たちは反乱を起こし船を乗っ取ることに成功しますが、石垣島沖合で座礁し、なんとか石垣島にたどり着きました。しかし、英米は船を出し石垣島に逃れた中国人らを追撃し殺害します。そのような悲運な運命をたどった中国人を慰霊するために建てられたのがこの唐人墓です。沖縄の知られざる別の悲話に目を傾け、当時の人々に思いをはせるのはどうでしょうか。